Shopifyアプリ

Shopifyで会員登録機能を実装する方法【おすすめアプリ4選+コード編集を紹介】

スズコー

こんにちは!

ShopifyなどのECサイト制作と集客・改善支援をしております、スズコー(@vietl)です。

悩んでる人

Shopifyでお客さんに会員登録をさせたいんだけど、どうすれば導入できるんだろう…?

どれぐらいお金かかるんだろう…?

会員登録機能を実装する際のポイント等もわかったら嬉しいな…!

今回は、上記の疑問をお持ちの方向けの記事となっています。

本記事を読むメリット
  • Shopifyで会員登録機能を実装するメリットが分かる
  • 会員登録を促すためのポイントが分かる
  • Shopifyで会員登録機能を実装する方法が具体的に分かる

この記事を読むことでこんなメリットがあるので、ぜひ参考にしてみてください!

Shopifyでは会員登録機能を無料で実装できる

Shopifyでは、基本的な会員登録の機能であれば、無料で実装ができます。

無料で実装する方法は、後述のShopifyの会員登録実装方法①:コード編集で記載しているので、こちらをご参考ください。

会員登録機能にポイントやランク制度を導入したい場合など、より細かな設定を行う際は、アプリ(一部有料)の導入が必要となります。

こちらは、Shopifyの会員登録実装方法②:おすすめアプリ4選で詳しくまとめています。

Shopifyで会員登録機能を実装するメリット

Shopifyストアに会員登録機能を実装するメリットを紹介します。

会員限定のキャンペーンでリピーター獲得ができる

まず第一に、会員登録の機能を導入することで、顧客の囲い込みができます。

会員限定の割引やポイント付与のキャンペーンを打つことで、リピーターの獲得向上に繋がるでしょう。

ストアから繰り返し買ってもらえる顧客を増やすことで、LTV(顧客生涯価値)の向上に繋がるため、総合的な売上アップも期待できます。

また、会員登録機能を導入することで、住所や誕生日などユーザー情報の取得が容易になりますね。

このように、会員登録機能はセグメントを用いた費用対効果の高いマーケティング施策の実行にも役立てることが可能です。

商品のブランディングに役立つ

会員登録機能は、商品のブランディングにも寄与する場合があります。

例えば、有料会員だけが購入できる商品があれば、顧客はその商品にある種の特別感を感じられますよね。

「有料会員限定」となっただけで希少性が高まるため、商品に直接手を加えることなく商品のブランド力向上に役立てられます。

会員登録をスムーズにしてもらうためのポイント

上記で解説した通り、会員登録の導入はメリットがたくさんあります。

しかし、会員登録のハードルが高くなってしまうと、スムーズな会員獲得に繋げられません

ここからは、顧客に会員登録をスムーズに行ってもらうためのポイントを紹介します。

会員限定価格を用意する

販売する商品に会員限定価格を用意することで、顧客に会員登録をしてもらいやすくなるでしょう。

誰しもスーパーの割引品には目がないように、元値よりお得になるのであれば人は飛びつきやすくなるものです。

ポイント機能を導入する

ポイント機能を導入するのも、会員登録数の向上に有効です。

次回からの割引にポイントが利用できるのであれば、商品購入のリピート率も高まります。

ポイントアップキャンペーンを実施すれば、さらなる会員登録の促進ができるでしょう。

Shopifyでは、Easy Pointといったアプリでポイント機能の導入ができます。

詳しくは以下の記事もご参考ください。

会員ランク制度を導入する

会員ランク制度を導入し、会員の中でも限定商品や限定価格に違いを生み出せば、より高いランクを目指そうとする顧客が一定数現れるでしょう。

こちらは、会員登録数を増やすためというよりは、「いかに会員を継続してもらい客単価向上に結びつけられるか?」の点において有効な施策の1つです。

Shopifyでは、後述のBold Custom Pricing: Wholesaleというアプリで、会員ランク制度の導入ができます。

Shopifyの会員登録実装方法①:コード編集

ここからは、コード編集を用いたShopifyでの会員登録機能実装の方法について解説します。

手順は、以下の通りです。

手順
  1. 顧客アカウントを設定
  2. liquidコードを追加

手順①:顧客アカウントを設定

まずは、Shopifyストアの管理画面にログインし、「設定」→「チェックアウト」と移動します。

顧客アカウント」の項目にある「アカウント作成を必須にする」にチェックを入れ、「保存する」をクリックしましょう。

手順②:liquidコードを追加

続いて、「オンラインストア」→「アクション」→「コードを編集する」をクリック。

Layoutディレクトリから「theme.liquid」を選択し、<head>タグの下に下記のコードを追記します。

{% unless customer %}
    {% if template contains 'customers' %}
        {% assign send_to_login = false %}
    {% else %}
        {% assign send_to_login = true %}
    {% endif %}
{% endunless %}
 
{% if send_to_login %}
<meta content="0; url=/account/login?checkout_url=/" http-equiv="refresh" />
{% else %}

また、</body>タグの下に下記のコードも追記しましょう。

{% endif %}

変更を保存し、ストアのプレビュー画面にログイン画面が表示されるようになっていれば、設定は完了となります。

Shopifyの会員登録実装方法②:おすすめアプリ4選

細かな設定やポイント機能が欲しい場合は、アプリを実装することで対応ができます。

ここからは、Shopifyで会員登録の実装ができるおすすめのアプリを紹介します。

Bold Memberships

Bold Membershipsは、有料の会員サイトを作るのに適したアプリです。

先述したコード編集を用いた実装方法では、無料の会員制サイトしか作れず、顧客の購入履歴や住所情報を集めることしかできません。

しかし、このアプリを使うことで会員のみが限定商品を購入できるようにするなど、より細かな設定を行えます。

主な機能

ABOUT ME
コー
Shopify特化でECディレクター・エンジニアをしてます。

EC / Web業界は10年目。
音楽ニート→某有機野菜販売EC運営ベンチャーに拾われてWebコーダー兼デザイナー → 新規事業と開発拠点立ち上げエンジニア・PM → 某上場EC総合支援(中堅企業・大手企業様導入シェアNo.1)企業で企画制作ディレクターとして数々の大手・中堅企業様の数千万円規模のEC / Webサイト構築と運営支援による売上拡大を経験。

これまで関わったEC / Webサイト構築・運用案件は、80サイト以上。
その中で、もっとも大きな成果を上げたお客様のPC + スマホの売上高は、2019年時点で600億円以上にまで成長。

現在は、国内で数社しかない某Shopify expert会社様・小売事業会社様と一緒に、40サイト近くのShopifyテーマ開発や機能実装、運営改善に従事。
あるスタートアップ会社様と一緒にエンジニア教育事業開発・運営もしています。
Shopifyストア構築サービス「ショプツク」を始めました!詳細はバナーをクリック!

ショプツクメインビジュアル